ワイヤーソーイング工事 切断対象物にダイヤモンドワイヤーを巻き付け切断する工法です。

鉄筋コンクリート、ダムなどの大型コンクリート構造物の切断に対応。

ワイヤーソーイング工法とは、切断対象物にダイヤモンドワイヤーを巻き付けて高速走行させて切断する工法です。
ダイヤモンドワイヤーで鉄筋コンクリート、ダムなどの大型コンクリート構造物の切断に対応いたします。
また、弊社は水を使う湿式だけでなくドライミスト工法も有しており、低騒音で水漏れが等の心配がないため、1階では営業活動、2階では切断工事といったことが可能です。
ドライミスト工法は切断汚水が発生しないため、現場の養生、汚水の処理が不要となり、集塵機で吸い取った切り粉は、土のう袋に直接収集するため、後処理が簡単に行えます。
また、大量の切断汚水が発生しないため、地下または、屋内で免振レトロフィット工法等での柱の切断作業の効率が向上します。
河川にかかる橋の切断解体では、現場にオイルフェンス等の設置が不要となるので、環境に配慮した工事が可能です。

 

技術特性

Technical feature
  • 対象物に制約がなく、複雑な形状物の切断が可能です。
  • 遠隔操作で水中構造物、狭い場所、高所での切断が可能となります。
  • 作業効率が良く、時間制約の厳しい作業に適しています。
  • 縦、横、斜めなど自在な切断が可能です。
 

イメージ

Image
+
ワイヤーソーイング 民間工事その4
+
ワイヤーソーイング 民間工事その3
+
ワイヤーソーイング 民間工事その2
+
ワイヤーソーイング 民間工事その1
+
擁壁撤去 ワイヤーソーイング
 

最新の施工実績

New Works